忍者ブログ

肩こり 解消

肩こりの原因や症状、解消方法などは、人それぞれ違いがあります。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

肩こりの解消グッズ

肩こりの症状は、肩のコリや痛み、肩が重く感じたりします。
ひどい場合には、頭痛やしびれなどの症状が起きてしまうので、肩こり解消は早めに対処することが大切です。肩こりの原因や症状、解消方法などは、人それぞれ違いがあります。
肩こりの解消方法の口コミ情報の中には、自分の症状と同じ悩みのものや、やってみたい解消方法の情報が多くあるので、参考にすると良いでしょう。

 たとえば、肩こりは肩の血行が悪くなったり、肩に疲労物質がたまることで起こります。
正しい姿勢で歩くことで、肩こりを解消することが出来ることを知っていますか。
それから「ためしてガッテン」はNHKで放送されている生活科学番組で、毎週さまざまな役立つ情報をクイズ形式で紹介しています。この「ためしてガッテン」では、肩こり解消のためのストレッチが過去に放送されています。

肩こりの解消グッズで話題の商品は、ゲルマニウムのネックレスやブレスレットです。
ゲルマニウムは健康に良いとされて人気を集めており、肩こりにはネックレスタイプを使用すると効果が高いようです。

・・・・


<スポンサードリンク>


PR

肩こり解消の口コミ情報

「ためしてガッテン」の肩こり解消方法についてですが番組で紹介された肩こり解消のストレッチは、
・イスに座って行うストレッチ
・柱を使って行うストレッチ
・背中を机に向けて机の前で立て膝で立つストレッチ   でした。
この「ためしてガッテン」の肩こり解消ストレッチは、書籍としても発売しています。

これ買ってみました。オススメです。クリックすると画像が大きくなります。 

 

肩こり解消の口コミ情報は、インターネットのサイトで検索しても良いですし、身近な人と世間話のひとつとして情報を得ることも出来ます。
またクリニックやマッサージ師などの専門の方のアドバイスを受けるのも良いでしょう。
また、歩くことで下半身の筋肉が活発に働き、下からの血液の流れが良くなり全身に新鮮な血液や栄養が行き届きやすくなります。
歩くときヒトは「全身の筋肉の8割を使用する」と言われています。
ですから歩くことで心臓から下の血液を上に押し上げるポンプ作用の働きを高めることが出来るのです。
このことによって心臓や肺機能が活発になり、全身の血液の循環が良くなります。
肩こり解消には、肩を温めると効果があると言われており、肩にのせるタイプやレンジで温めて使用するタイプなど、仕事の合間に使用できる手軽さがあります。

・・・・
 

「ためしてガッテン」の肩こり解消のストレッチ

前節で触れた「ためしてガッテン」の肩こり解消のストレッチについてですが、番組サイトにも詳細が載っていた時期がありました。
この、肩こり解消のストレッチのポイントは、弱く息を止めずに行うことです。
肩こり解消するには、筋肉のスイッチをきちんと切るストレッチを行うことが重要だそうです。
それと、肩こり解消と言えば、良く耳にするシールタイプのピップエレキバンがあります。
ピップエレキバンは磁気の入ったシールタイプの肩こり解消グッズで、手軽に使用でき目立ちにくいことから利用者も多いでしょう。
肩こり解消のために歩くときには、猫背にならないように注意しながら、姿勢を正してまっすぐに脚を前に出して歩くことが大切です。
腕は軽くまげてふり、姿勢を意識しながら歩くことで肩こりの解消や予防をすることが出来ます。
肩こりを解消するには、正しい姿勢を保ちながら、毎日少しずつでも歩くことが大切です。
肩こりに原因や症状が違うように、肩こりの解消方法もそれぞれに効果の違いがあるので、いろいろ試してみることが大切です。
たくさんの肩こり解消方法を試してみるうちに、自分に合っているものが必ず見つかるはずです。


・・・・


<スポンサードリンク>


カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

<スポンサードリンク>

プロフィール

HN:
GENROQ
性別:
非公開
自己紹介:
肩こり解消には、肩を温めると効果があると言われていますね。

バーコード

Copyright ©  -- 肩こり 解消 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]